とびひ

画像




ともし-が小学校5~6年生の頃、とびひになったことがあります。


はじめは何でなのか思い出せないくらい、たいしたことのない傷だったんですが、

うちにあった薬を塗っても、治らなくて、

それどころか、何だか傷が増えていくような・・・


もしや?と思って、皮膚科に行くと、

「とびひだよ。」と言われ、

抗ヒスタミン剤の飲み薬と、ステロイドと、抗菌薬の塗り薬が出ました。



とびひは、傷口の膿が、他のなんとも無い場所にも移ってしまうのです。

まさに、「飛び火」です。



時期が悪かったのか、その頃にはもう、にも移っていて、

患部を覆うのが難しく、結局耳の穴の中とかにまで移ってしまって、

タオルなどもみんなと別々にしなければならず、

ほんと~に大変でした。


画像



じめじめする季節、傷口がじくじくして黄色い膿が出てきたら、

すばやく、食い止めないと、

あとあとやっかいなことになるかもしれません。


ともし-のように、顔中がとびひだらけにならないうちに、

病院へ行くのをお勧めします。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック